不動産投資の情報を得て、上手に不動産投資を行いましょう。

2009年08月26日

不動産投資

この頃は不景気のためか、不動産投資を行う人は多くなりました。




不動産投資とは、アパートマンションなどの不動産を購入し、
購入した金額より高値で売却し、利益を得る
またはアパートやマンションなどを購入し、
他人に貸して、家賃収入を得ることなどです。




不動産投資のメリットとして、
購入したアパートやマンションを他人に貸すことで家賃収入が発生します。




所有しているアパートやマンションに住んでいる人がいる限り、
この家賃収入は入ってきますので、安定した収入を得ることができます。




また、少ない資金で始めることができる上、
売却する際に利益を得ることができる場合もあります。




さらに、年金や生命保険の代わりとしての役目を果たしてくれるなど
多くのメリットがあります。




ですが、メリットがある分、当然、デメリットもあります。




例えば、誰も部屋を借りない空室だらけになったり
入居者が家賃を滞納したりで家賃収入を得ることができない場合もあることや、
不動産を手放したい場合も簡単に売ることができないので
負債を抱えるリスクも低くありません。




また、不動産投資を行う場合は、
どこからか融資を受けて始める場合がほとんどです。




月々の返済額が家賃収入などを上回ってしまった場合、
ますます負担は大きくなってしまうのです。




不動産投資を行う際は、メリットとデメリットを考えて検討するといいでしょう。
posted by 不動産投資 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。